アスカネット<2438>

2007年09月10日
アスカネットは急続伸、1Q業績が大幅増収増益・高進捗

 アスカネット(2438・M)は、6000円高の11万4000円と急続伸している。前週末7日に発表した今4月期第1四半期(1Q)業績が、大幅増収増益・高進捗率で着地したことから割安修正買いが増勢となっている。同社の1Q業績は、前年同期比26%増収、60%経常増益、72%純益増益と伸び、期初の中間期予想に対して経常利益は96%、純利益は96%の高進捗率となった。葬祭市場向け遺影写真などの画像映像のデジタル加工のメモリアルデザインサービス事業が5%増と堅調に推移するとともに、デジタル写真とオンデマンド印刷を融合した個人向け写真集の作製、販売のパーソナルバブリッシングサービス事業が47%増と拡大、人件費や販管費の増加を生産効率の改善などでカバーし業績拡大に結び付けた。中間期・通期業績は、とくにパーソナルパブリッシングサイビス事業で多くのリピ-トオーダーがあったが期初予想を据え置き、通期純利益は2億9000万円(前期比2.9倍)と2期ぶりの過去最高更新を見込んでいる。株価は、前期業績の大幅減益が響き、今年5月の前期業績の上方修正にもかかわらず上場来安値6万7300円まで売られ、今期業績の増益転換で持ち直してきたところである。PERは、16倍台と割安であり、なおリバウンド幅を拡大しよう。

(東洋経済新報社)
[PR]

by message-id | 2007-09-10 10:49 | 07年9月  

<< カナモト<9678> クラレ<3405> >>