ランドビジネス<8944>

ランドビジネスは東証1部指定替え承認をテコにストップ高
2007年09月20日10時19分

ランドビジネスは、寄り付きから買い気配を切り上げ1万円高の8万1000円まで買われストップ高の急続伸となっている。9月12日につけた株式分割権利落ち後安値6万6000円から大きくリバウンドしている。前日に東証から9月26日付けで東証1部指定替えを承認され、指定替えに際して公募増資や株式売り出しのファイナンスを伴わないことから、株価指数連動型のファンドの買い増しなどの需給好転を期待する買い物を誘発している。同社は、業績も好調に推移している。今9月通期業績は、早くも昨年12月に上方修正されているが、7月31日に発表された第3四半期業績は、経常利益が前年同期比45%増益と伸び、上方修正された通期予想に対して80%の高進捗率、純利益も同じく56%増益、83%の高進捗率となった。不動産投資事業が続伸し、賃貸事業も高利回り物件が積み上がり賃料収入増として業績を押し上げる。不動産株全般の株価は、サブプライムローンの焦げ付き問題の波及で軟調推移が続いているが、同社のPER8倍台、配当利回り2.6%は明らかに売られ過ぎとなっている。前日国土交通省から発表された基準地価が、3大都市圏で2年連続上昇した好事業環境もフォローし、1部指定替えに向け積極対処で報われそうだ。


(東洋経済新報社)
[PR]

by message-id | 2007-09-29 17:38 | 07年9月  

<< スター・マイカ<3230... 丸紅<8002> >>