スター・マイカ<3230>

スター・マイカは急反落、3Q業績高進捗率も利益確定売り
2007年10月01日

スター・マイカは、1万円安の17万1000円と4営業日ぶりに急反落している。
前週末28日に発表した今11月期第3四半期(3Q)業績が、今年6月に上方修正された通期業績に対して高進捗率で着地したが、利益確定売りが先行している。
同社の3Q業績は、売り上げ105億1100万円、経常利益10億7600万円、純利益5億6300万円となり、四半期決算は初開示となりため前年同期対比はないが、上方修正された通期業績に対して経常利益は88%、純利益は86%の高進捗率となった。
昨年10月の株式上場による知名度・信頼性向上により不動産取引が大幅に増加、マンション流動化事業、インベストメント事業とも好調に推移、アドバイザリー事業でも証券化業務の組成報酬や売却時の成功報酬が積み上がり高進捗率につながった。
通期業績は、6月の上方修正値を変更せず、純利益は6億5000万円(前期比61%増)と連続の大幅過去最高更新を予想している。
株価は、公開価格15万円で新規上場され44万6000円高値まで人気化、上場人気剥落後安値から前回の業績増額で一時はストップ高を演じたものの、8月には公開価格割れの13万1000円と再調整した。安値から再びリバウンドを狙うことになろう。


(東洋経済新報社)
[PR]

by message-id | 2007-10-01 11:40 | 07年10月  

<< 不二越<6474> ランドビジネス<8944... >>