アコム<8572>

アコムは08年3月期当期益予想据え置き、4─12月期の進ちょく率は96%
2008年02月06日

 アコムが6日発表した2007年4―12月期連結決算は、当期利益が377億円(前年同期は2618億円の赤字)になった。08年3月期当期利益見通しは従来予想の391億円を据え置いたが、第3・四半期終了時点の進ちょく率は96%となった。当期利益見通しは、ロイターエスティメーツによる主要アナリスト5人の予測平均374億円を上回っている。

 4―12月期の営業収益は、前年同期比10.1%減の2887億円、営業利益は同1.4%減の794億円、経常利益は同3.0%減の807億円となった。

 業績予想を変更しなかった理由について、広報担当者は「利息返還請求や貸倒費用が増加する可能性を考慮した」と語った。4月から12月までの利息返還金は568億円、貸倒費用は447億円となり、07年3月期末に積んだ貸倒引当金の取り崩しは計1015億円になった。通期の取り崩し額は1375億円と見込んでおり、消化率は73.8%となった。広報担当者は「現在までは想定の範囲内で推移している」と説明した。



(ロイター)
[PR]

by message-id | 2008-02-06 18:09 | 08年2月  

<< グローリー<6457> 小林製薬<4967> >>