シチズンHD<7762>

シチズンHDは3Q高進捗率業績に信用好需給がオンし反発
2008年02月07日


 シチズンホールディングスは、36円高の1005円と3日ぶりに反発している。前日6日に今3月期第3四半期(3Q)決算を発表、増収増益で着地し期初予想の通期業績に対して高進捗したことを手掛かりに、信用の売り方の買い戻しを促し下値買いが再燃している。同社の3Q業績は、前年同期比1%増収、7%経常増益、36%純益増益となり、期初予想の通期業績対比の利益進捗率は、90―97%に達した。エコ・ドライブ、電波時計などの高付加価値製品が伸びた時計事業やチップLEDランプやスイッチの電子デバイス事業、プリンター関連などの電子機器製品事業などが好調に推移し、国内、アジア向けに一服したCNC自動旋盤などをカバーして高進捗率につながった。3月通期業績は期初予想を据え置き、純利益は前期の特別損失一巡から140億円(前期比95%増)と大幅増益転換を見込んでいる。株価は、第1四半期、中間期と同社の通期純利益予想が市場コンセンサスを下回り下ぶれた。今回も同様の業績推移となったが、信用取組が大幅に株不足となり、昨年8月安値1004円の信用期日も接近していることから、売り方の買い戻しが先行している。リバウンド幅拡大が見込まれる。


(東洋経済新報社)
[PR]

by message-id | 2008-02-07 11:00 | 08年2月  

<< 日本M&Aセンター<21... グローリー<6457> >>