<   2007年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 

ザッパラス<3770>

「株式」 ZAPP(3770)
9月6日10時34分配信
売り先行。四半期決算発表を受け、材料出尽くしと捉えられているようだ。第1四半期は経常利益で前年同期比30.0%増の4.5億円、上期予想に対する進ちょく率では59.9%となった。ただ、株式市場全体の軟化に加え、前日の上昇に期待先行の節があることから、利食い優勢との見方に。

(フィスコ)
[PR]

by message-id | 2007-09-06 11:07 | 07年9月  

島精機製作所<6222>

島精機株が急反発、中国の省力化ニーズでCP横編機好調-UBS強気
 コンピュータ横編機で世界シェア首位の島精機製作所の株価が急反発。前日比270円(5.1%)高の5580円で午前の取引を終えた。中国の人件費高騰や省力化の流れを背景に同社のコンピュータ(CP)横編機の需要が好調に推移するなか、今期業績が会社側計画を上振れる可能性が高いと一部アナリストが指摘して強気の投資判断を示したことから、業績拡大に伴う株高期待が高まった。
 UBS証券では4日付で投資判断「買い」、目標株価6500円で新規にカバレッジを開始した。担当の山崎智美アナリストらは「中国や香港で人件費高騰と省力化ニーズの高まりからCP横編機の継続的需要が見込まれる。前期に積極的に進めた香港やイタリア、米国での直販体制の確立が今後も業績拡大のドライバーになると考えられるほか、9月のITMA展示会効果によりホールガーメント(無縫製ニット編み)横編機の売上回復も見込まれる」と、投資家向けリポートで述べる。ITMAとは世界最大の繊維機械専門見本市のこと。
 島精機は7月27日の第1四半期(4-6月)業績発表と同時に、今通期(08年3月期)連結業績予想を上方修正している。通期計画では、売上高が前期比38%増の650億円(従来予想550億円)、営業利益は2.1倍の160億円(同120億円)、純利益は3.2倍の100億円(同65億円)を見込む。
 一方、UBSの山崎アナリストらは、第1四半期の営業益が65億円と会社側通期計画の4割をすでに達成している点に着目。「横編機の受注は月1000台超の過去最高水準が7月まで5カ月連続し、8月は一服するも底堅いもようであることを勘案すると、さらなる上方修正が期待できる」としている。UBS予想は売上高が前期比44%増の680億円、営業益は185億円、純利益は110億円。
更新日時 : 2007/09/05 12:46 JST

(ブルームバーグ)
[PR]

by message-id | 2007-09-05 13:38 | 07年9月  

東京鉄鋼<5445>

東鉄鋼が値を飛ばす、業績高進ちょく率もPER12倍台
2007年09月03日
東京鉄鋼 <5445> が出来高を伴って4連騰。65円高の668円まで値を飛ばしている。PER12倍台と割安感が強い点が評価されている。コスモ証券も8月30日付のリポートで「株価の大きな下落に伴い」との理由で同社株に対する投資判断を「B+」から「A」に引き上げており、人気を後押ししている。
同社の今08年3月期第1四半期連結決算は前年同期比2.2%の減収、48.8%の営業並びに経常減益、51.2%の最終減益となった。原料である鉄スクラップ価格の上昇が響いたが、9月中間期予想に対しての進ちょく率では営業利益で59.7%、経常利益で61.0%、純利益では65.0%に達しており、上ブレする公算が大きい。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

by message-id | 2007-09-03 18:39 | 07年9月  

IHI<7013>

IHI(7013)、1Q大幅黒字転換で急反発
07/08/08
 7日発表した08年3月期第1四半期決算(4-6月)で、連結経常損益が127億円の黒字(前年同期は7.8億円の赤字)に転換したことが好感された。船舶や機械が伸びたうえ、エネルギー・プラント部門の収益構造が改善した。中間期と通期の業績については従来予想のまま変更していないが、通期計画に対する経常利益の進捗率は約42%に達しており、市場では上振れ期待が台頭しているようだ。引けは27円高の467円。

(オリックスタイムズ)
[PR]

by message-id | 2007-09-03 13:16 | 8/26以前  

大真空<6962>

大真空(6962・大1)、1Q経常95%増で急反騰
07/08/13
 10日発表した08年3月期第1四半期決算(4-6月)で、連結経常利益が前年同期比94.9%増の12.2億円に拡大したことが好感された。韓国携帯電話メーカー向けの納入シェアが上昇したことが寄与した。中間期と通期の業績については従来予想のまま変更しなかったが、上期計画に対する経常利益の進捗率は76.5%に達しており、市場では上振れ期待が台頭しているもよう。また、この発表を受けてみずほ証券が投資判断「1」を継続し、目標株価を820円としたことも支援材料。引けは70円高の760円。

(オリックスタイムズ)
[PR]

by message-id | 2007-09-03 13:13 | 8/26以前  

東京電波<6900>

東京電波(6900/100株)、証券紙が推奨し大幅反発
07/08/15
 15日付の株式新聞が1面トップ記事で同社など水晶部品銘柄を取り上げたことが買い材料視された。記事では同社について、「7月の単独受注高が前年同月比63.4%増と絶好調で、第1四半期決算の連結経常利益は同44.2%増の1億9500万円だった。9月中間期の計画2億3000万円に対する進捗率は85%と高く、増額修正はほぼ間違いないだろう」と指摘している。
また、三菱UFJ証券が13日付で同社についてのリポートを発行し、「7月の受注は前月同様好調だ」とコメントしたことも支援材料となった。引けは52円高の1475円。

(オリックスタイムズ)
[PR]

by message-id | 2007-09-03 13:11 | 8/26以前  

GSIクレオス<8101>

クレオス(8101)、1Q黒字転換で一時急騰
07/08/16
 15日発表した08年3月期第1四半期決算(4-6月)で、連結営業損益が2.3億円の黒字(前年同期は4億円の赤字)に転換し、中間期予想(2.8億円の黒字)に対して進捗率が約84%に達したことが好感された。インナー用原糸の取り扱い増や欧州向け生地の輸出好調持続などが寄与。なお、中間期と通期の業績については従来予想のまま変更しなかった。引けは4円高の143円。

(オリックスタイムズ)
[PR]

by message-id | 2007-09-03 13:08 | 8/26以前  

高砂鉄工<5458>

高砂鉄が大幅反発、好調な第1四半期決算蒸し返す、PERはまだ11倍台
08月14日 13:38
 高砂鉄工 <5458> が5日ぶりに大幅反発。21円高の302円まで買い進まれている。8月8日の年初来高値364円から前日には278円まで売られ、短期間に24%もの下落を演じたことで再び第1四半期連結決算の好調を蒸し返している。PER11倍台という点も買い安心感を呼び込んでいる。
 同社が先ごろ発表した今08年3月期第1四半期連結営業利益は前年同期比5.7倍の6億700万円、経常利益も8.2倍の5億7600万円、純利益も5.9倍の3億2700万円を確保した。ステンレス部門における原料高騰に伴う徹底したコスト削減と製品価格改定が奏功した。同社では「第2四半期に入ってニッケル原料市況、ステンレス製品市況が大きく変動している」として9月中間期並びに通期予想数字は変更していないが、中間期予想に対しての進ちょく率は営業利益で80.9%、経常利益で88.6%、純利益では93.4%に達している。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

by message-id | 2007-09-03 09:18 | 8/26以前  

東武鉄道<9001>

東武鉄道(9001):沿線地域の活性化に伴い、旅客人員数が同3%増の2億2892万円に増加、駅ナカの利用や分譲マンションなど不動産事業も伸び、4-6月期の連結経常利益は同25%増の109億円に拡大した。据え置かれた通期計画(265億円)に対する進ちょく率は41.1%。
更新日時 : 2007/08/16 07:34 JST

(ブルームバーグ)
[PR]

by message-id | 2007-09-03 09:07 | 8/26以前  

ケアネット<2150>

ケアネット(2150)
8月6日10時40分配信
堅調。四半期決算の内容がポジティブに捉えられているようだ。第1四半期は売上
高が前年同期比61.8%増の6.83億円となったほか、経常利益については同16.0倍の
1.44億円となっている。経常利益の上期予想に対する進ちょく率は76.6%となって
おり、増額期待が生じているもよう。

(フィスコ)
[PR]

by message-id | 2007-09-03 08:51 | 8/26以前