<   2007年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 

オーハシテクニカ<7628>

オーハシテクニカ(7628):第1四半期(4-6月)の連結経常利益は 17.6%増の8億7700万円となった。通期予想(26億1000万円)に対する進ちょく率は33.6%に達した。国内外の自動車生産台数の増加などに伴い自動車関連部品事業が伸びた。
更新日時 : 2007/08/21 08:01 JST

(ブルームバーグ)
[PR]

by message-id | 2007-09-03 06:39 | 8/26以前  

日本精機<7287>

日本精機が民生機器事業でタイに新合弁会社設立を発表
08月31日 06:33
 日本精機 <7287> が29日の引け後に民生機器事業でタイに新合弁会社を設立したと発表した。
 タイの合弁会社は同社が80%、新光商事 <8141> の現地法人が20%出資して設立したもの。日本、中国およびタイにおける民生機器製品の生産能力拡大が目的で、工場の内装工事を今年11月に完成させ、08年2月から量産を開始する予定。同社はこれによって現在267億円(前07年3月期実績)である民生機器事業の連結売上高を、11年度には500億円に拡大させる計画。
 足元業績も順調。第1四半期連結決算では前年同期比14.6%の営業増益、11.9%の経常増益、12.3%の最終増益と2ケタ増益を確保。中間期予想に対する進ちょく率も営業利益で61.4%、経常利益で62.3%、純利益でも61.2%に達している。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

by message-id | 2007-09-01 22:02 | 07年8月  

F&M<4771>

F&M(4771)
8月9日11時15分配信
ストップ高。四半期決算の内容が好感されているようだ。第1四半期は経常利益で
前年同期比2.7倍の1.07億円となり、上期予想に対する進ちょく率では79.3%とな
った。前期は業績が悪化しただけに、業績の回復期待が高まっているもよう。

(フィスコ)
[PR]

by message-id | 2007-09-01 21:45 | 8/26以前  

山加電業<1789>

山加電業(1789)
8月8日14時56分配信
先ほど発表された四半期決算の内容が好感されているようだ。第3四半期までの業
績は、経常利益で前年同期比2.9倍の2.47億円となった。07年9月期予想に対する進
ちょく率では84.6%となっており、4月に次いでの再増額期待が生じているもよ
う。

(フィスコ)
[PR]

by message-id | 2007-09-01 21:44 | 8/26以前  

桂川電機<6416>

桂川電機(6416)
8月8日14時5分配信

しっかり。先ほど発表された四半期決算の内容が評価材料となっているようだ。第
1四半期は経常利益で前年同期比42.4%増の10.23億円となり、上期予想に対する進
ちょく率では73.1%となった。

(フィスコ)
[PR]

by message-id | 2007-09-01 21:40 | 8/26以前  

日野自動車<7205>

2007年08月03日 11:57
日野自動車(7205)
好決算を背景に新値追い相場に弾みをつけている。信用倍率が0.12倍と好取り組みからして、さらに加速がかかろう。とくに、買い残は40万株弱とゼロ同然で、全くしこり感はない。

今第1四半期(4~6月)の連結決算は、売上高が前年同期比4.8%増の3090億円、営業利益は同33.5%増の98億円、経常利益は同77.1%増の114億円、純利益は同93.7%増の66億円と各項目とも過去最高益更新。会社側では、第1四半期が終わった時点では通期業績見通しを据え置いているが、中間期計画(152億円)に対する連結経常利益の進捗率は、すでに75%に達していることから、今後の国内トラック販売や為替の動向を慎重にみて、最終的には大幅上方修正の可能性も高い。なお、今期から韓国とメキシコの両市場の新規参入したほか、中東などではトヨタの販売代理店として、連携して拡販を進めている。

(StockStation)
[PR]

by message-id | 2007-09-01 21:33 | 8/26以前  

丸文<7537>

丸文が値上がり率上位、高収益力に定評、PERはまだ11倍台
08月31日 10:24
 丸文 <7537> が出来高を増大させ、株価も続伸で98円高の1344円まで上げ幅を拡大している。東証1部値上がり率上位。先行き不透明感が払しょくできない環境下にあって、同社は高収益力に定評がある上に、PERもまだ11倍台とあって買い安心感が強く人気につながっているようだ。上値を期待したい。
 同社の今08年3月期第1四半期連結決算では前年同期比22.1%の営業増益、43.2%の経常増益、25.4%の最終減益を確保している。最終減益は前年同期に投資不動産売却益が計上されていたためで、中間期予想に対しての進ちょく率は営業利益では49.3%にとどまったが、経常利益では62.1%、純利益でも53.6%と順調。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

by message-id | 2007-09-01 21:30 | 07年8月