<   2008年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

日揮<1963>

日揮、第3四半期連結経常益89.5%増、対通期進ちょく率は85.5%
02月15日 07:55

 日揮は14日午前11時30分に今08年3月期第3四半期(07年4~12月)の連結決算を発表した。経常利益は前年同期比89.5%増の376億3600万円。通期経常利益見通しは前期比33.2%増の440億円を据え置いたが、第3四半期の進ちょく率は85.5%と高水準に達した。中核事業における手持ち工事の効率化や新規案件の選別に注力した。また、中国セメント工場向けの余熱発電によるCDM事業が中国および日本の両政府に承認されたほか、1月には原料代替によるCDM事業も承認された。なお、前提為替レートは1ドル=105円。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

by message-id | 2008-02-15 08:03  

スタイライフ<3037>

スタイライフがストップ高――4―12月期で進ちょく97%
2/14 14:40

前場に大きく上げ、後場に入ると一段と上昇し、一時は値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比2万円高の14万6000円まで買われた。14 日付の日本経済新聞朝刊が業績観測を伝え、好感した買いが先行。13時に会社側が発表した2007年4―12月期の連結業績は経常利益が2億3300万円だった。今回据え置いた通期予想に対する進ちょく率は97%。観測報道にほぼ沿う結果となったことから、買い安心感が強まったほか、今後の上方修正を期待した投資家や短期筋が買い進んだとみられている。

 インターネット衣料通販を手掛ける。4―12月期は中核の通信販売事業が好調だった。通期予想は「業績は順調に推移しているが、今後の市場環境、将来への戦略的な先行投資の検討など総合的に勘案したい」との理由で据え置いた。


(マネー&マーケット)
[PR]

by message-id | 2008-02-14 18:23  

日本板硝子<5202>

板硝子が急騰、第3四半期営業利益79%増、対通期進ちょく率90%を評価
2008年02月14日

日本板硝子が急騰。前場は62円高の510円で取引を終え、東証1部値上がり率5位。
13日、今08年3月期第3四半期(07年4月~12月)連結決算を発表した。営業利益は前年同期比79.2%増の408億2100万円と大幅増益を達成。通期予想営業利益450億円(前期比88.9%増)に対する進ちょく率が90%と高いことが評価されている。同社は中間決算開示時を除き、業績予想を定期的に見直すことはしていないとしており、業績上ブレ期待が高まっている。

チャート上では1月22日の安値420円で底値を確認。好決算を受け、見直し買いが流入している。1月31日の高値493円を超えたことで、株価上昇に弾みがつきそうだ。


(株式新聞社)
[PR]

by message-id | 2008-02-14 13:40  

富士フイルム<4901>

富士フイルムは安値から急反発、3Q好決算とADR高が相乗
2008年02月12日

 富士フイルムホールディングスは、330円高の4140円と急反発し、前週末8日ザラ場につけた昨年来安値3770円から出直る動きを強めている。8日に発表した今3月期第3四半期(3Q)決算が、大幅増益で着地し中間期決算発表時の昨年10月に上ぶれ修正された通期業績対比で高進捗したことから、下げ過ぎ訂正期待の買い物が優勢になっている。前日の米国市場で、NYダウが57ドル88セント高の1万2240ドル1セントと反発し、同社ADRの(預託証券)も、東京市場の8日終値に対して41円高(円換算値)で引けたこともフォローしている。同社の3Q業績は、前年同期比3%増収、65%経常増益、2.1倍純益と伸び、利益は通期予想業績に対して88-86%の高進捗率となった。デジタル医療画像関連製品や生産能力増強を進めたフラットパネルディスプレイ材料、カラーデジタル複合機などが揃って売り上げを押し上げ、原材料価格や減価償却費増を増収効果や円安寄与、固定費削減などでカバーし好決算となった。3月通期業績は10月修正値を据え置き、純利益は1200億円(前期比3.4倍)と7期ぶりの過去最高更新を予想、市場コンセンサス平均1286億円をほぼクリアする。株価は、10月の通期業績増額をキッカケに上場来高値5710円まで買い上げられ、世界同時株安に巻き込まれ2000円幅の大調整となった。PERは17倍台と割安感はないが、13週移動平均線からは16%のマイナスかい離と下げ過ぎ顕著となっており、さらに戻りを試そう。


(東洋経済新報社)
[PR]

by message-id | 2008-02-12 11:15 | 08年2月  

コンビ<7935>

コンビは増益転換の通期業績上方修正をテコに急反発
2008年02月12日

 コンビは、26円高の680円と4営業日ぶりに急反発している。前週末8日に今3月期第3四半期(3Q)決算とともに、3月通期業績の上方修正を発表、昨年10月の中間期業績に続く増益転換・減益率縮小となる業績増額として割安株買いを再燃させている。同社の今期業績は、昨年8月に中間期業績を上方修正したが、今回は通期業績を上方修正した。売り上げは期初予想より6億円引き下げたが、営業利益は3億500万円、経常利益は5億2000万円それぞれ引き上げて増益転換し、純利益も3億4000万円アップさせ11億1000万円(前期比16%減)と減益率を縮小する。3Q業績が、ベビーカー、チャイルドシート、ベビーラックの利益率重視の販売政策の寄与や、中国の上海子会社の黒字定着、アパレル事業のサイズ拡大効果などから、大きく利益を伸ばしてすでに通期予想を45-43%も上回って着地しており上方修正した。純利益は、前期の子会社売却益4億5600万円が一巡し減益となる。株価は、昨年10月の中間期業績増額にやや反応したものの、減収減益は不変として下値を探り、今年1月の昨年来安値629円まで調整した。PERは10倍台、PBRは0.6倍と下げ過ぎ示唆となっておりリバウンド幅を拡大しよう。


(東洋経済新報社)
[PR]

by message-id | 2008-02-12 10:19 | 08年2月  

品川白煉瓦<5351>

白煉瓦が続伸、好調な進ちょく率を好感
2008年02月08日

品川白煉瓦が続伸。7日引け後に、今08年3月期第3四半期の連結決算を発表。経常利益は41億500万円(前年同期比20.6%増)、純利益が19億1200万円(同1.6%減)となった。通期連結業績に対する進ちょく率は、経常利益予想で85.5%、純利益予想では91%と好調に推移している。通期業績予想は変更していない。

株価は1月16日に昨年来安値225円を付けた後、出直り歩調にある。5日移動平均線と25日線とのミニゴールデンクロスが接近、達成されれば出直り相場に向かう可能性がある。


(株式新聞社)
[PR]

by message-id | 2008-02-08 17:30 | 08年2月  

TPR(帝国ピストンリング)<6463>

2008/02/08 16:38 JST

9%高の935円と大幅反発。07 年4-12月期の連結営業利益は前年同期比48%増の52億4800万円で、通期予想に対する進ちょく率は82%。中国を中心にしたアジア向けに自動車関連部品が伸びた。


(ブルームバーグ)
[PR]

by message-id | 2008-02-08 17:19 | 08年2月  

日本M&Aセンター<2127>

M&Aセンター<2127>が大幅反発、第3四半期の経常63%増益で進ちょく率9割超、記念配1000円実施
2008年02月08日

日本M&Aセンターが4日ぶり大幅反発。3万6000円高の61万4000円まで買われている。7日に今08年3月期第3四半期(07年4月~12月)連結決算、記念配1000円を加えた年間配当5000円(前回予想4000円)の実施を発表、好感されている。第3四半期経常利益は前年同期比63.3%増の13億2700万円となり、通期予想(前期比44.2%増の14億5000万円)に対する進ちょく率は91%に達した。同社は07年4月1日付で1対4の株式分割を実施しており、年間配当は実質前期比2倍となった。

事業承継問題解決のための中堅中小企業のM&A(企業の合併・買収)マーケットは少子高齢化を背景に今後も安定的に拡大するとみられ、同社業績が大きく飛躍することへの期待感が高い。

チャート上では2月4日に付けた直近の高値61万6000円を抜けてくれば、07年12月4日に付けた76万円奪回に向かいそうだ。



(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

by message-id | 2008-02-08 11:35 | 08年2月  

シチズンHD<7762>

シチズンHDは3Q高進捗率業績に信用好需給がオンし反発
2008年02月07日


 シチズンホールディングスは、36円高の1005円と3日ぶりに反発している。前日6日に今3月期第3四半期(3Q)決算を発表、増収増益で着地し期初予想の通期業績に対して高進捗したことを手掛かりに、信用の売り方の買い戻しを促し下値買いが再燃している。同社の3Q業績は、前年同期比1%増収、7%経常増益、36%純益増益となり、期初予想の通期業績対比の利益進捗率は、90―97%に達した。エコ・ドライブ、電波時計などの高付加価値製品が伸びた時計事業やチップLEDランプやスイッチの電子デバイス事業、プリンター関連などの電子機器製品事業などが好調に推移し、国内、アジア向けに一服したCNC自動旋盤などをカバーして高進捗率につながった。3月通期業績は期初予想を据え置き、純利益は前期の特別損失一巡から140億円(前期比95%増)と大幅増益転換を見込んでいる。株価は、第1四半期、中間期と同社の通期純利益予想が市場コンセンサスを下回り下ぶれた。今回も同様の業績推移となったが、信用取組が大幅に株不足となり、昨年8月安値1004円の信用期日も接近していることから、売り方の買い戻しが先行している。リバウンド幅拡大が見込まれる。


(東洋経済新報社)
[PR]

by message-id | 2008-02-07 11:00 | 08年2月  

グローリー<6457>

グローリーは安値から急反発、3Q好決算に増配、自社株買いオン
2008年02月07日

 グローリーは、寄り付きの買い気配から315円高の2385円まで買い進まれて3日ぶりに急反発し、前日ザラ場につけた昨年来安値1994円から急出直りとなっている。前日6日に発表した今3月期第3四半期(3Q)決算が、大幅増収増益で着地し昨年11月に再上方修正された通期予想業績に対して高進捗、さらに同時発表の期末配当の増配、自己株式取得も重なり割安株買いが再燃している。同社の3Q業績は、前年同期比17%増収、96%経常増益、75%純益増益と高変化し、7月、11月と2回上方修正された通期予想業績に対して、利益は97―86%の高進捗率となった。国内では、金融機関の事務厳正化ニーズの高まりでオープン出納システムや成人識別機能付きたばこ販売機の販売が順調に推移、海外向けの窓口用紙幣入出金機、ATM用紙幣入出金ユニットも好調に推移したことが寄与した。3月通期業績は11月再増額値を据え置き、純利益は130億円(前期比2.0倍)と予想している。期末配当は、特別配当を上乗せして11月予想の14円を26円に引き上げ、年間配当を40円(前期実績30円)に増配する。自己株式取得は、200万株(発行済み株式総数の2.75%)、50億円を上限とする。株価は、サブプライムローン問題による金融機関の設備投資伸び悩み懸念などから下値を探る展開が続いた。PERは12倍台、PBRは1倍ソコソコと下げ過ぎとなっており、リバウンド幅拡大が有力となる。


(東洋経済新報社)
[PR]

by message-id | 2008-02-07 10:56 | 08年2月