乃村工藝社<9716>

乃村工は3Q大幅増益・高進捗率業績に記念増配重なり急反発
2007年12月20日


 乃村工藝社は、寄り付きの買い気配から27円高の655円まで買い進まれ2日間の変わらずを挟み6営業日ぶりに急反発している。前日19日に今2月期第3四半期(3Q)決算と期末増配を発表、業績が大幅増益で着地するとともに、通期予想業績に対して高進捗率となったことから業績上ぶれ期待を強め買い先行となっている。同社の3Q業績は、前年同期比34%増収、43%経常増益、61%純益増益と高変化し、経常利益はすでに通期予想対比で112%、純利益は165%の高進捗率となった。専門店市場分野でアパレル関連などの内装工事や金融機関の店舗工事を数多く手掛け、その他市場分野でもオフィス、ホテル、ブライダル施設などの内装工事が増加したことが寄与した。通期業績は、第4四半期に高原価率の物件が集中するため前回予想を据え置き、純利益は、子会社のテスコの事業一部撤退損からダウンさせた下方修正値14億5000万円(前期比66%減)を見込んでいる。期末配当は、本社社屋が12月25日に竣工、来年1月1日に本社を移転することを記念して2円を上乗せして9円とし、年間16円(前期実績12円)に増配する。株価は、600円台で100円幅のボックス往来を続けているが、期末にかけての業績上ぶれ期待からボックス上限へのキャッチアップを強めよう。



(東洋経済新報社)
[PR]

# by message-id | 2007-12-20 10:24 | 07年12月  

SBSホールディングス<2384>

買い気配から。
11月7日9時47分

四半期決算の内容が材料視されているようだ。第3四半期までの業績は経常利益で前年同期比2.4倍の72.51億円となり、通期予想に対する進ちょく率では85.3%に達している。中間期時点では減益となっていたこともあり、ポジティブに受け止められているもよう。


(フィスコ)
[PR]

# by message-id | 2007-11-07 10:48  

KDDI<9433>

KDDI、9月中間営業益9%増・移動通信事業が好調
(10/20 7:00)

 KDDIが19日発表した2007年9月中間連結決算の営業利益は前年同期比9%増の2496億円だった。固定通信事業は赤字が続いたが、「au」ブランドの携帯電話を中心とする主力の移動通信事業が引き続き好調。 08年3月期通期の見通しは据え置いたが、純利益が想定を上回れば配当性向20%を維持するため増配も検討する。
 中間期の売上高に当たる営業収益は8%増の1兆7342億円。7―9月の携帯電話の契約あたり月間収入(ARPU)は6400円と300円減ったが、新規加入から解約を差し引いた純増数は103万件と順調、移動通信事業の営業利益は13%増を確保した。

 中間期までの進ちょく率は営業利益で64%、純利益では66%だが通期予想は変えなかった。


(日本経済新聞)
[PR]

# by message-id | 2007-10-20 07:33 | 07年10月  

サーラコーポレーション<2734>

サーラは3Q純利益の大幅増益・高進捗率も反応限定的でもみ合う
2007年10月04日10時03分

サーラコーポレーションは、1円高の610円と小高く始まり2月22日につけた年初来高値625円を前にもみ合っている。前日に今11月期第3四半期(3Q)決算を発表、純利益は大幅増益となるとともに期初予想に対して高進捗したが、売り上げ、経常利益は前年同期を下回ったことから反応は限定的となっている。同社の3Q業績は、前年同期比5%減収、14%経常減益、57%純益増益と増減マチチとなり、純利益は期初予想に対して86%の進捗率となった。アニマルヘルスケア事業、ロジスティクス事業、カーライフサポート事業は、前年同期を上回ったが、エネルギーサプライ&ソリューション事業で低採算取引から撤退し売り上げが減少し、建築工事の減収や自動車製造部門の原材料価格高騰などが重なり経常利益は減益となった。純利益は、前年同期に減損損失14億2500万円など15億2200万円を計上した特別損失が、3Qは1億4800万円にとどまり大幅増益・高進捗率につながった。11月通期業績は期初予想を据え置き、純利益は19億6900万円(前期比98%増)を見込み、配当も8月の修正通り14円(前期実績10円)に増配する。株価は、子会社のサ-ラ住宅(1405・東2)の業績伸び悩みなどが響き550円安値まで調整、出直ってきたところである。PER12倍台、PBR0.8倍、配当利回り2.2%の割安修正は着実に進展しそうだ。


(東洋経済新報社)
[PR]

# by message-id | 2007-10-09 09:13 | 07年10月  

スリーエフ<7544>

スリエフが一時ストップ高、中間純利益が3.3倍-FC拡大で人件費減
2007/10/04 15:32 JST

神奈川県を中心に首都圏でコンビニエンスストアを展開するスリーエフの株価が、一時前日比100円(13%)高の856円とストップ高(制限値幅いっぱいの上昇)を付けた。4日午後に発表した8月中間期決算は、人件費削減や減損損失の減少が収益を押し上げ、連結純利益が前年同期比3.3倍の1億7700万円に膨らんだ。通期予想に対する進ちょく率は 84%に達しており、通期業績の達成確度が高まったと見られた。
スリエフが午後1時半に発表した中間期決算によると、売上総収入は前年同期比4.8%減の147億円。チェーンの全店の売上高は同0.6%増と伸びたものの、直営店から加盟店(FC)への移行が進んだことで、総収入は前年実績を割り込んだ。ただ営業利益は、「FC店舗の拡大が進んだことで、人件費の削減につながった」(同社広報室の金子昌司室長)ため、同16%増の8億900万円と拡大した。
08年2月期の連結売上高は前期比1.3%増の299億円。営業利益が同7.8%増の9億5000万円、純利益が同2.2倍の2億1000万円と従来予想を据え置いている。同社では、下期にシステムの変更を予定し、設備投資費用5億7500万円を計上することから、業績を見極める必要があるとする。
マネックス証券投資情報部の小沼利幸氏は、「全国でコンビニを展開する場合は競争が激しいが、スリーエフは地域を限定しており、利益を上げやすい。さらに、主力とする神奈川県は世帯数も多い上、利用する人も多い」と話し、地域の優位性を指摘した。


(ブルームバーグ)
[PR]

# by message-id | 2007-10-09 09:08 | 07年10月  

ヴィレッジヴァンガードコーポレーション<2769>

第1四半期(07年6月-8月)の連結経常利益は6億8800万円となった。
2007/10/09 07:32 JST

中間期予想に対する進ちょく率は 73.8%に達した。
既存店が好調に推移し、9月には既存店売上高が78カ月連続でプラスとなった。第1四半期末の店舗数は、直営208、FC33の合計241。前期(07年5月期)から連結決算を適用しているため、前期との比較はできない。


(ブルームバーグ)
[PR]

# by message-id | 2007-10-09 08:53 | 07年10月  

クリード<8888>

クリード、第1四半期は経常34%増益
2007年10月05日(金) 18時19分

クリードの第1四半期(6-8月期)の連結業績は、売上高109億3100万円(前年同期比14%増)、経常利益58億2200万円(同34%増)、純利益34億8800万円(同41%増)だった。
続く5月通期では、売上高410億円(前期比2%増)、経常利益100億円(同12%増)、純利益56億円(同20%増)、EPS3万3571円93銭を見込む。
進ちょく率は、経常利益58%、純利益62%となっている。


(証券新報)
[PR]

# by message-id | 2007-10-09 06:54 | 07年10月  

乃村工藝社<9716>

乃村工藝社が安い 好決算も織り込み済みか
2007年10月03日(水) 10時45分

乃村工藝社が軟調に推移している。大幅な増益決算を発表したものの、すでに上方修正をしていることもあって、株価には織り込み済みとなっているようだ。
同社は2日、8月中間連結を発表しており、売上高564億1800万円(前年同期比47%増)、経常利益33億7400万円(同72%増)、純利益18億2300万円(同115%増)だった。
続く2月通期では、売上高1080億円(前期比31%増)、経常利益40億円(同18%増)、純利益20億5000万円(同52%減)、EPS36.02円を見込む。進ちょく率は、経常利益84%、純利益88%となっている。


(証券新報)
[PR]

# by message-id | 2007-10-09 06:52 | 07年10月  

不二越<6474>

不二越の第3四半期純利益は21%増、対通期進ちょく率89%を好感
2007年10月05日

不二越 <6474> は4日、今07年11月期の第3四半期(06年12月~07年8月)連結決算を発表した。純利益が前年同期比21.9%増の66億9100万円と大幅増益を達成、対通期進ちょく率は89%と高い。輸出採算や生産性の改善によるコスト削減が奏功した。


(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

# by message-id | 2007-10-05 10:47 | 07年10月  

スター・マイカ<3230>

スター・マイカは急反落、3Q業績高進捗率も利益確定売り
2007年10月01日

スター・マイカは、1万円安の17万1000円と4営業日ぶりに急反落している。
前週末28日に発表した今11月期第3四半期(3Q)業績が、今年6月に上方修正された通期業績に対して高進捗率で着地したが、利益確定売りが先行している。
同社の3Q業績は、売り上げ105億1100万円、経常利益10億7600万円、純利益5億6300万円となり、四半期決算は初開示となりため前年同期対比はないが、上方修正された通期業績に対して経常利益は88%、純利益は86%の高進捗率となった。
昨年10月の株式上場による知名度・信頼性向上により不動産取引が大幅に増加、マンション流動化事業、インベストメント事業とも好調に推移、アドバイザリー事業でも証券化業務の組成報酬や売却時の成功報酬が積み上がり高進捗率につながった。
通期業績は、6月の上方修正値を変更せず、純利益は6億5000万円(前期比61%増)と連続の大幅過去最高更新を予想している。
株価は、公開価格15万円で新規上場され44万6000円高値まで人気化、上場人気剥落後安値から前回の業績増額で一時はストップ高を演じたものの、8月には公開価格割れの13万1000円と再調整した。安値から再びリバウンドを狙うことになろう。


(東洋経済新報社)
[PR]

# by message-id | 2007-10-01 11:40 | 07年10月  

ランドビジネス<8944>

ランドビジネスは東証1部指定替え承認をテコにストップ高
2007年09月20日10時19分

ランドビジネスは、寄り付きから買い気配を切り上げ1万円高の8万1000円まで買われストップ高の急続伸となっている。9月12日につけた株式分割権利落ち後安値6万6000円から大きくリバウンドしている。前日に東証から9月26日付けで東証1部指定替えを承認され、指定替えに際して公募増資や株式売り出しのファイナンスを伴わないことから、株価指数連動型のファンドの買い増しなどの需給好転を期待する買い物を誘発している。同社は、業績も好調に推移している。今9月通期業績は、早くも昨年12月に上方修正されているが、7月31日に発表された第3四半期業績は、経常利益が前年同期比45%増益と伸び、上方修正された通期予想に対して80%の高進捗率、純利益も同じく56%増益、83%の高進捗率となった。不動産投資事業が続伸し、賃貸事業も高利回り物件が積み上がり賃料収入増として業績を押し上げる。不動産株全般の株価は、サブプライムローンの焦げ付き問題の波及で軟調推移が続いているが、同社のPER8倍台、配当利回り2.6%は明らかに売られ過ぎとなっている。前日国土交通省から発表された基準地価が、3大都市圏で2年連続上昇した好事業環境もフォローし、1部指定替えに向け積極対処で報われそうだ。


(東洋経済新報社)
[PR]

# by message-id | 2007-09-29 17:38 | 07年9月  

丸紅<8002>

丸紅(8002)は900円台半ばまで値を戻す 通期上方修正に期待した買いが集まる
2007年09月19日14時32分更新

4~6月期の税引利益は前年同期比27%増で、通期の会社予想に対する進捗率は33%だったために、今後の業績上振れ余地に期待した買いが集まっているという。
14時31分現在の株価は、55円高の939円。


(兜町ライブニュース)
[PR]

# by message-id | 2007-09-29 17:37 | 07年9月  

カッパ・クリエイト<7421>

カッパクリエ、1Q経常益3.9倍で続急伸
オリックスタイムズ        第1774号   07/09/26

25日発表した08年2月期第1四半期決算(6-8月)で、連結経常利益が前年同期比3.9倍の10.6億円に拡大したことが好感された。既存店売上高が回復基調にあり、売上高総利益率も改善。前期にテコ入れ策として増やした広告宣伝費の反動減で、販管費が減少したことも寄与した。
中間期と通期の業績見通しは変更しなかったが、経常利益の中間期計画に対する進捗率は既に約90%に達しており、市場では上振れ期待が高まっている。なお、今期は決算期変更により9ヵ月決算となる。株価は一時2000円まで上昇し、6月28日に付けた年初来高値1905円を3ヵ月ぶりに更新。引けは104円高の1953円。


(オリックスタイムズ)
[PR]

# by message-id | 2007-09-29 17:24 | 07年9月  

タカショー<7590>

タカショーがしっかり 7月中間は経常38%増益
2007年09月19日(水) 09時39分

タカショー<7590>がしっかり。7月中間決算で経常利益が38%増、純利益95%増と順調な伸びとなったことに加え、通期計画に対する進ちょく状況も良好だったことが手がかり材料となったようだ。
同社が18日に発表した7月中間連結は、売上高78億円(前年同期比12%増)、経常利益5億7300万円(同38%増)、純利益4億1800万円(同95%増)だった。
続く1月通期では、売上高137億円(前期比10%増)、経常利益7億4500万円(同79%増)、純利益4億8000万円(同161%増)、EPS58円06銭を見込む。進ちょく率は、経常利益76%、純利益87%となっている。


(証券新報)
[PR]

# by message-id | 2007-09-29 17:13 | 07年9月  

岡野バルブ製造<6492>

中国や中近東など海外向けのバルブ販売が好調に推移。
メンテナンス事業の採算性も改善したことから、第3四半期(06年12 月-07年8月)累計の連結営業利益は前年同期比3.3%増の13億5500万円となった。据え置かれた通期計画(15億円)に対する進ちょく率は90.4%。

更新日時 : 2007/09/20 07:00 JST


(ブルームバーグ)
[PR]

# by message-id | 2007-09-20 08:01 | 07年9月  

メッツ<4744>

メッツはストップ高気配、業績進ちょく良好や増配-保安ビルが売れる

セキュリティ監視システム販売や商業ビルの賃貸・売買などを手掛けるメッツの株価は、ストップ高(値幅制限の上限)に当たる前日比3020円(11%)高の3万700円で買い気配。不動産市況の好調を追い風に、主力の不動産販売が伸びているほか、創業事業であるセキュリティシステムの導入件数も順調に増加し、9月中間期の単独業績は前年同期比で大幅増となる見通し。配当予想も増額修正しており、順調な業績進ちょくと株主配分の強化姿勢が評価された。
 同社は11日、期初に予想を公表していなかった2007年9月中間期の単独業績予想を発表した。売上高が前年同期比79%増の28億5000万円、営業利益は同3.5倍の12億円、純利益は同70%増の6億8000万円を見込む。セキュリティ監視システムで差別化した商業ビルの販売が好調だったことが業績伸長の主因。セキュリティ監視システムについても、順調に納入件数を伸ばしている。中間期業績予想の通期計画に対する進ちょく率は、売上高で57%、営業利益で66%、純利益では68%に達しており、売り上げ・利益の各項目で50%超となっている。
 同社業務管理部の中村直樹部長は、「売上高の約9割を占めるセキュリティアルエステート事業で、中間期までに予定していた複数の商業ビル売却が確定した。通期で800件の納入を予定しているセキュリティシステムについても、中間期で過半を達成できる見通し」と話した。
 メッツは中間期業績予想の発表と併せて、配当予想を増額修正した。1株当たりの配当金は中間期と期末にそれぞれ従来予想から50円ずつ増やして年間で 1100円(前回予想1000円)とする。同社は4月に1対2の株式分割を実施しており、分割前の基準に換算すると配当は年間2200円相当となり、前期と実質的に同額の配当となる。

更新日時 : 2007/09/12 10:47 JST


(ブルームバーグ)
[PR]

# by message-id | 2007-09-17 15:21 | 07年9月  

マルエツ<8178>

マルエツ株は大幅続伸、独自仕入れで店舗営業力が回復-野村証格上げ

食品スーパー大手のマルエツの株価が大幅続伸。一時は前日比6%高の597円まで上昇し、ほぼ2カ月ぶりの高値水準を回復した。一部アナリストから、新経営陣の下で改革が進み、独自の仕入れによる店舗営業力が顕著に改善を果たしていると評価する声が上がったことを受け、投資資金が流入した。
野村証券金融経済研究所では11日付で、マルエツ株の投資判断を従来の「4(ウエート下げ)」から「3(中立)」に引き上げた。田阪克之アナリストは投資家向けリポートの中で、マルエツは06年2月期まで仕入額の約70%をダイエー経由で仕入れていたため、「次第に売り場は顧客ニーズに合致しないものにとなっていた」と指摘。ただ、高橋恵三社長が経営の独自化に取り組んだことで、「地域色の濃い商品や売れ筋商品がダイエーを通すことなく、迅速に売り場へ展開できるようになった」(田阪氏)と分析する。
マルエツが7月に発表した第1四半期(07年3―5月)の連結経常利益は前年同期比39%増の14億8000万円。中間期(8月期)に対する進ちょく率は 59%に達する。  会社側による通期(08年2月期)の経常利益は前期比0.8%増の56億円。これに対し、野村証では今期純利益で同24%増の60億円、09年2月期は前期推定費23%増の85億円と予想。野村証がカバーする食品スーパー4社平均(11 -12%)を上回る伸び率を見込む。

更新日時 : 2007/09/12 15:37 JST


(ブルームバーグ)
[PR]

# by message-id | 2007-09-17 15:18 | 07年9月  

メビックス<3780>

メビックスがS高、1Q業績好調で増額期待も

メビックス(東証マザーズ)が急騰して値幅制限いっぱいの3万円ストップ高に買われている。前日引け後に発表した今08年4月期の第1四半期(5-7月期)業績が連結経常利益で前年同期比3.1倍の2億1900万円と大きく伸びたことを好感している。前期の第4四半期に受注した臨床試験がスタートしたこともあって、医薬品の市販後調査をはじめ主力の臨床研究支援事業が好調だった。
 10月中間期の予想は売上高14億8000万円、経常利益3億500万円、純利益1億7000万円など当初の数値を変えていないが、第1四半期での進ちょく率は経常利益で72%、純利益でも69%と高く、今後の増額修正を期待した買い注文が流入しているもようだ。(H.K)

2007年09月14日(金曜日)10時04分


(ラジオNIKKEI)
[PR]

# by message-id | 2007-09-14 11:20 | 07年9月  

アスクル<2678>

アスクルは1Qの大幅増益・高進捗率をテコに3連騰
2007年09月14日
 アスクル(2678)は、270円高の2730円と3日続伸している。前日に発表した今5月期第1四半期(1Q)業績が、大幅増益・高進捗率で着地したことを好感し上場来安値1748円からの2段上げに弾みをつけている。同社の1Q業績は、前年同期比11%増収、2.1倍経常増益、2.3倍純益増益と高変化し、期初の11月中間期予想に対して経常利益は65%、純利益は75%の進捗率となった。次世代ジジネスモデルの拠点となる仙台物流センターが8月に稼働し、BPO事業やBtoTビジネスの開発が進み、既存ビジネスでもインターネット広告の積極展開、中堅・大企業向け一括電子購買システムの推進、「環境」をテーマとした秋・冬カタログの発刊、さらにコスト構造改革の着実な成果も重なり好決算につながった。中間期・通期業績は、期初予想を据え置いたが、通期純利益は49億4000万円(前期比13%増)と2期ぶりの過去最高更新を見込んでいる。株価は、前期業績伸び悩みに証券各社の弱気投資判断が響き上場来安値まで突っ込んだが、昨年7月安値とダブル・ボトム形成となり、今期の業績回復予想も加わり1000円高、この上昇幅の半値押し水準を固めている。PERはやや割高だが、薄めながら株不足となる信用好需給をテコに高値再トライが想定される。


(東洋経済新報社)
[PR]

# by message-id | 2007-09-14 10:12 | 07年9月  

JUKI<6440>

JUKIが買われる、増額期待が再浮上
09月13日 17:51

工業用ミシン世界1位のJUKIが反発、一時81円高の1050円まで買われた。終値ベースで東証1部値上がり率第8位。出来高は289万株と徐々に膨らんできた。
今3月期の9月中間予想(連結経常利益で60億円、純利益40億円)に対して、第1四半期の進ちょく率が経常利益で88%、純利益で79%に達しているため、「中間決算を前にした上方修正期待が高まってきた」(中堅証券商品部長)との声が出ている。


(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

# by message-id | 2007-09-13 20:30 | 07年9月