オーハシテクニカ<7628>

オーハシテクニカ(7628):第1四半期(4-6月)の連結経常利益は 17.6%増の8億7700万円となった。通期予想(26億1000万円)に対する進ちょく率は33.6%に達した。国内外の自動車生産台数の増加などに伴い自動車関連部品事業が伸びた。
更新日時 : 2007/08/21 08:01 JST

(ブルームバーグ)
[PR]

# by message-id | 2007-09-03 06:39 | 8/26以前  

日本精機<7287>

日本精機が民生機器事業でタイに新合弁会社設立を発表
08月31日 06:33
 日本精機 <7287> が29日の引け後に民生機器事業でタイに新合弁会社を設立したと発表した。
 タイの合弁会社は同社が80%、新光商事 <8141> の現地法人が20%出資して設立したもの。日本、中国およびタイにおける民生機器製品の生産能力拡大が目的で、工場の内装工事を今年11月に完成させ、08年2月から量産を開始する予定。同社はこれによって現在267億円(前07年3月期実績)である民生機器事業の連結売上高を、11年度には500億円に拡大させる計画。
 足元業績も順調。第1四半期連結決算では前年同期比14.6%の営業増益、11.9%の経常増益、12.3%の最終増益と2ケタ増益を確保。中間期予想に対する進ちょく率も営業利益で61.4%、経常利益で62.3%、純利益でも61.2%に達している。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

# by message-id | 2007-09-01 22:02 | 07年8月  

F&M<4771>

F&M(4771)
8月9日11時15分配信
ストップ高。四半期決算の内容が好感されているようだ。第1四半期は経常利益で
前年同期比2.7倍の1.07億円となり、上期予想に対する進ちょく率では79.3%とな
った。前期は業績が悪化しただけに、業績の回復期待が高まっているもよう。

(フィスコ)
[PR]

# by message-id | 2007-09-01 21:45 | 8/26以前  

山加電業<1789>

山加電業(1789)
8月8日14時56分配信
先ほど発表された四半期決算の内容が好感されているようだ。第3四半期までの業
績は、経常利益で前年同期比2.9倍の2.47億円となった。07年9月期予想に対する進
ちょく率では84.6%となっており、4月に次いでの再増額期待が生じているもよ
う。

(フィスコ)
[PR]

# by message-id | 2007-09-01 21:44 | 8/26以前  

桂川電機<6416>

桂川電機(6416)
8月8日14時5分配信

しっかり。先ほど発表された四半期決算の内容が評価材料となっているようだ。第
1四半期は経常利益で前年同期比42.4%増の10.23億円となり、上期予想に対する進
ちょく率では73.1%となった。

(フィスコ)
[PR]

# by message-id | 2007-09-01 21:40 | 8/26以前  

日野自動車<7205>

2007年08月03日 11:57
日野自動車(7205)
好決算を背景に新値追い相場に弾みをつけている。信用倍率が0.12倍と好取り組みからして、さらに加速がかかろう。とくに、買い残は40万株弱とゼロ同然で、全くしこり感はない。

今第1四半期(4~6月)の連結決算は、売上高が前年同期比4.8%増の3090億円、営業利益は同33.5%増の98億円、経常利益は同77.1%増の114億円、純利益は同93.7%増の66億円と各項目とも過去最高益更新。会社側では、第1四半期が終わった時点では通期業績見通しを据え置いているが、中間期計画(152億円)に対する連結経常利益の進捗率は、すでに75%に達していることから、今後の国内トラック販売や為替の動向を慎重にみて、最終的には大幅上方修正の可能性も高い。なお、今期から韓国とメキシコの両市場の新規参入したほか、中東などではトヨタの販売代理店として、連携して拡販を進めている。

(StockStation)
[PR]

# by message-id | 2007-09-01 21:33 | 8/26以前  

丸文<7537>

丸文が値上がり率上位、高収益力に定評、PERはまだ11倍台
08月31日 10:24
 丸文 <7537> が出来高を増大させ、株価も続伸で98円高の1344円まで上げ幅を拡大している。東証1部値上がり率上位。先行き不透明感が払しょくできない環境下にあって、同社は高収益力に定評がある上に、PERもまだ11倍台とあって買い安心感が強く人気につながっているようだ。上値を期待したい。
 同社の今08年3月期第1四半期連結決算では前年同期比22.1%の営業増益、43.2%の経常増益、25.4%の最終減益を確保している。最終減益は前年同期に投資不動産売却益が計上されていたためで、中間期予想に対しての進ちょく率は営業利益では49.3%にとどまったが、経常利益では62.1%、純利益でも53.6%と順調。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

# by message-id | 2007-09-01 21:30 | 07年8月  

宇部マテリアルズ<5390>

宇部マテリアルズ 1Q4割増益に高評価 中間増額は必至 3月高値目標に戻り試す
2007年08月15日(水) 13時27分
 宇部マテリアルズ<5390>は第1四半期決算の内容を評価した買いが入り、全面安商状の中で逆行高。もともと3月に年初来高値469円を付けた後、2割以上も下落していただけに見直し買いが入りやすかった模様だが、第1四半期の内容から中間期増額が視野に入ってきたこと、配当利回り2.7%に出遅れ感があることなどから、今後も順調に戻りを試す展開が予想される。
 電子材料用の超高純度炭酸カルシウムをはじめ光学材料用カルシウム、PDP用マグネシアが順調。生石灰、消石灰なども鉄鋼業界向けに繁忙が続いていることに加え、5月から子会社となった石灰製造の東北鉄興社も出荷増にひと役買っている。この結果、第1四半期の連結経常益は5.69億円(前年同期比45.5%増)で着地した。
 続く第2四半期も顧客の旺盛な需要に変化はなく、好環境が続く見通し。懸念される原燃料価格も今のところは高止まりといった形で目立った上昇はなく、東北鉄興社のフル寄与もあることから中間期計画の7.60億円(前年同期比30.1%増)は保守的に過ぎると考えられる。第1四半期時点の進捗率が74.8%に達しているところからも保守的な計画であることは裏付けられよう。

(証券新報)
[PR]

# by message-id | 2007-08-28 22:32 | 8/26以前  

山陽鋼<5481>

8月22日15時30分配信
5日線レベルでしっかり。クレディ・スイスではレーティング未付与であるが、第1四半期の進捗率の高さから考慮すれば、上期業績の上振れ気味に推移と。

(フィスコ)
[PR]

# by message-id | 2007-08-28 22:18 | 8/26以前  

ティアック<6803>

8月17日13時19分配信
後場は出来高伴い切り返す展開に。前引け後に第1四半期決算を発表、経常損益は
前年同期9.6億円の赤字から0.7億円の黒字に転換している。中間期計画の4分の3の
進捗率となっており、買い材料視される状況のようだ。

(フィスコ)
[PR]

# by message-id | 2007-08-28 22:17 | 8/26以前  

フェイス<4295>

フェイス 15900 +2000
8月13日(月曜日)

ストップ高。先週末発表の第1四半期決算が評価材料、営業利益は前年同期比60%増
益の5.6億円、中間期計画は31.9%増益の8.5億円であり、進捗率は3分の2となって
いる。直近で株価の調整ピッチも早まっており、インパクトが強まる状況へ。

(フィスコ)
[PR]

# by message-id | 2007-08-28 22:07 | 8/26以前  

アルパイン<6816>

アルパイン-個別銘柄ショートコメント
8月8日10時49分配信 フィスコ

上昇率上位。前日発表している第1四半期の決算内容が評価材料に。営業利益は前
年同期比18.9%増の33.1億円。中間期予想は1.3%減の45億円であり、第1四半期に
おける進捗率は73%超に達している。好決算発表した中小型株への物色意欲は強
く、同社のほか、ネツレン、稲畑産業、高砂香料、みらかHD、タカタなども同様
の観点から買われている。

(FISCO)
[PR]

# by message-id | 2007-08-28 22:04 | 8/26以前  

山田債権回収管理総合事務所<4351>

山田債権がしっかり 中間期は2ケタ増益
2007年08月17日(金) 10時48分

山田債権回収管理総合事務所がしっかり。中間期が2ケタ増益だったことに加え、通期計画に対する順調な進ちょく状況が確認されたことで、買いが集まったようだ。
同社は16日、6月中間期の連結業績を発表しており、売上高12億8100万円(前年同期比27%増)、経常利益3億8700万円(同12%増)、純利益2億1300万円(同18%増)だった。
12月通期では、売上高24億円(前期比19%増、進捗率53%)、経常利益7億5000万円(同28%増、同51%)、純利益4億2700万円(同52%増、同49%)を見込む。

(証券新報)
[PR]

# by message-id | 2007-08-28 13:17 | 8/26以前  

ピーエイ<4766>

ピーエイ(4766):07年6月中間期の連結経常利益は6300万円と一転して黒字転換した。
前年同期は3500万円の赤字だった。通期予想(7000万円)に対する進ちょく率は9割に達した。人件費や広告宣伝費が減少して販管費が削減、有料誌「職ing」の休刊に伴う制作費の減少などが影響した。
8月28日

(ブルームバーグ)
[PR]

# by message-id | 2007-08-28 07:59 | 07年8月  

日本ゲームカード<6261>

日本GCが一時ストップ高、第1四半期の好決算に買い先行、25日線を突破
08月21日 16:48
 日本ゲームカードが大幅高。一時3万円ストップ高の19万7000円まで買われた。20日発表の今08年3月期第1四半期(4~6月)連結決算の好調ぶりに買いが先行した。前年同期比較はないものの連結営業利益16億7200万円を計上。9月中間期連結業績予想(営業利益で17億7000万円)に対する進ちょく率が94%に達していることから上ブレ期待が出ている。ただ、同社では市場動向が不透明なことを要因に、業績予想は据え置いている。
 株価は25日移動平均線を突破。出来高も膨らみ5日線も底打ちから上昇に向かうなどチャート面では戻りを示唆している。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

# by message-id | 2007-08-27 22:14 | 8/26以前  

日阪製作所<6247>

日阪製が買われる、足元の好調な業績を再評価
08月21日 14:21
 日阪製作所が続伸。235円高の2385円まで上昇している。足元業績が絶好調(今08年3月期第1四半期連結決算では前年同期比68.5%の営業増益、53.0%の経常増益、42.6%の最終増益を確保)で推移している上に、第1四半期連結決算実績の9月中間期予想進ちょく率が経常利益で56.0%、純利益で66.8%と高く、中間期決算の上ブレ着地期待が強いだけに押し目買いが増大した。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

# by message-id | 2007-08-27 22:12 | 8/26以前  

アルメディオ<7859>

アルメディオ、5日ぶり反発
 アルメディオが5日ぶりに反発している。21円高697円まで買われた。音楽用CDプレスの大手。14日発表の08年3月期第1四半期決算で経常利益が前年同期比47.8%増、通期予想に対する達成率45%強と好発進したことが評価されている模様。
2007/08/15 10:06

(株式市場新聞速報)



アルメディオが5日ぶり反発、第1四半期の経常4割増益を好感
08月15日 17:45
 検査用ディスクなどを展開するアルメディオ <7859> が12円高の688円と5日ぶりに反発。14日、今08年3月期第1四半期の連結決算を発表。大幅増益と高進ちょく率が好感された。経常利益は前年同期比47.8%増の1億5900万円と大幅な伸び。積極的な営業活動を推進するとともにティアック <6803> からの事業譲受により強化した経営資源を活用し、売上の確保に努めた。9月中間期予想は経常利益2億2500万円(前年同期比5.4%減)を据え置くが、進ちょく率は70.6%と好調。700円前後にある25日移動平均線を上抜けるかどうかが今後の焦点となる。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

# by message-id | 2007-08-27 21:29 | 8/26以前  

佐世保重工業<7007>

佐世保重が8日ぶり700円台
 佐世保重工業(7007)が3日続伸。8月15日以来、8営業日ぶりに700円台を回復した。、第1四半期の連結経常利益が前期比4.8倍の22億円と中間期の計画25億円の88%を達成したことで、増額修正期待が高まっている。
2007/08/27 14:42

(株式市場新聞速報)
[PR]

# by message-id | 2007-08-27 19:24 | 07年8月  

第一精工<6640>

第一精工(6640)-個別銘柄ショートコメント
8月27日11時11分配信 フィスコ
*11:10JST <6640> 第一精工 1880 +130

大幅反発。四半期決算の内容が好感されているようだ。第1四半期は前年同期との
比較がないものの、経常利益については11.2億円と上期予想に対する進ちょく率で
58.9%となった。なお、三菱UFJ証券ではノーレーティングながら、第1四半期
実績は期初想定を上回ったと推察、足元は第1四半期と同様の傾向が続いている
と。

(フィスコ)
[PR]

# by message-id | 2007-08-27 14:53 | 07年8月  

倉敷機械<6211>

倉敷機が大幅高、好調な第1四半期決算蒸し返す、PERはわずか7倍台
08月27日 13:25
 倉敷機械 <6211> が大幅高。21円高の306円まで買い進まれている。同社の今08年3月期連結業績は減価償却の制度変更や人件費増などを理由に減益と予想(連結経常利益で前期比18.9%減の10億5000万円、純利益で26.9%減の6億5000万円を想定)しているものの、第1四半期連結実績が好調(経常利益で前年同期比45.8%増の2億9100万円、純利益でも51.1%増の1億7200万円を確保)に推移していることを蒸し返している。9月中間期予想に対しての進ちょく率も経常利益で60.6%、純利益で57.3%と順調な上に、PERがわずか7倍台という点も追い風になっている。上値余地は大きそうだ。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

# by message-id | 2007-08-27 14:39 | 07年8月