川澄化学工業<7703>

川澄化は1Qの大幅増益・高進捗業績をバネに急続伸
川澄化学工業(7703・東2)は、64円高の774円と急続伸し、東証2部値上がり率ランキングの第2位にランクインしている。前週末24日に発表した今3月期第1四半期(1Q)決算が、大幅増益・高進捗率で着地したことを手掛かりに割り負け訂正期待の買い物が優勢となっている。同社の1Q業績は、前年同期比17%増収、5.4倍経常増益、3.6倍純益増益と高変化、期初の中間期予想対比で経常利益は114%、純利益は91%の高進捗率となった。国内は、カテーテルのほか今年1月発売の白血球除去フィルター付血液バッグが順調に売り上げを伸ばし、海外も血液回路やAVF針、輸液セットが好調に推移、販管費率の改善、2800万円の為替差益計上も加わり好決算となった。中間期・通期業績は期初予想を据え置き、通期純利益は、税効果の一巡から8億円(前期比23%減)と減益を見込んでいる。株価は、前期業績の再三の上方修正で800円高値まで買い進まれたものの、5月25日払い込みで実施した旭化成ファーマ、テルモ、クラレなど向けに実施した第3者割当増資(発行価額717円)が響き、700円台を試す下値調整を続けてきた。PERは、21倍台と市場平均を上回るが、PBRは0.5倍、配当利回りは1.9%となお大幅に割り負けており、下値妙味は膨らんでくる。

(東洋経済新報社)
[PR]

# by message-id | 2007-08-27 11:29 | 07年8月  

レカム<3323>

ヘラクレスのレカムが切り返す 7月累計の進捗率が売上高88.4%、営業利益78.8%に
2007年08月14日10時11分更新

KESが生産するPHS端末「9(nine)」の販売が好調であったこと等から、07年9月期7月度連結売上高が前年同月比259.8%の13.91億円となった他方、連結営業利益は情報通信機器製造事業の収益率が上記要因により大幅に改善したことで1.09億円となり、連結業績予想数字に対する7月累計の進捗率は、売上高が88.4%、営業利益が78.8%となったと発表したことが好感され、急反発している。

(NSJショートライブ)
[PR]

# by message-id | 2007-08-26 23:40 | 8/26以前  

新内外綿<3125>

新内外綿が1月の高値を抜く、第1四半期の営業益62%増で対中間期の進ちょく率9割
08月07日 14:07

新内外綿が活況裏に急騰、27円高の132円まで買われ、1月22日に付けた年初来高値を更新している。出来高は153万株を突破した(前日は1万4000株)。7日前引け後に好調な今08年3月期第1四半期決算を発表したことが好感されている。9月中間期予想利益に対する進ちょく率は9割前後に達しているだけに注視したい。同社の第1四半期連結営業利益は1億5000万円(前年同期比62.0%増)、経常利益1億4300万円(同67.6%増)、純利益7900万円(同59.7%増)となった。主力の杢糸(もくいと)・テンセルの需要増に対して自社工場に加えて、中国での生産と国内での外注を含めた機動的な生産対応で販売を拡大した効果が寄与。中間期並びに通期予想の業績修正は行っていないが、中間期予想(連結営業利益1億6500万円、経常利益1億5000万円、純利益9000万円予想)に対する進ちょく率では営業利益で90.9%、経常利益で95.3%、純利益でも87.8%に達している。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

# by message-id | 2007-08-26 23:04 | 8/26以前  

ジュピターテレコム<4817>

ジュピターテレコム<4817>の2007年度中間決算,純利益が前年同期比で42%増加
2007/07/30

ジュピターテレコムは2007年7月30日,2007年度中間期(2007年1~6月)の連結決算を発表した。売上高は1281億円と前年同期比24%の増加(通期予想に対する進捗率は49%),純利益は115億円で同42%の増加(同進捗率は56%)となった。加入世帯数が前年同期比で24%増加したことなどが増収増益の要因である。
デジタル放送サービスの加入者に提供中のハイビジョン(HDTV)チャンネルやHDD(ハードディスク駆動装置)内蔵STB(セットトップボックス),VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスが人気を集めており,デジタル化率(多チャンネル放送サービスの加入者全体に占めるデジタル放送サービス加入者の比率)は前年同期より15ポイント増加し,59%に達した。今後は通信速度が160Mb/sのインターネット接続サービスの提供地域の拡大や,ジュピターTVとの合併によるチャンネルラインナップの強化,ホームセキュリティーサービスや緊急地震速報サービスといった新たな付加価値サービスの提供により,さらに加入者の増加を目指す計画である。

(ITpro)
[PR]

# by message-id | 2007-08-26 22:58 | 8/26以前  

住友大阪セメント<5232>

住友大阪セメント(5232)が300円台まで値を戻す 対上期計画進捗率が62.6%に
2007年08月07日09時48分更新

第1四半期の営業利益は31億円と前年同期比微減に留まったものの、上期計画に対する進捗率も62.6%であったことから上方修正に期待した買いが入っているという。
9時46分現在の株価は、22円高の316円。
大和総研では「第2四半期以降、石炭価格の上昇影響が本格化する中、追加的な価格転嫁をどこまで進められるかが焦点」と指摘し、現在のレーティング「4」を、見直す方向で検討していると解説している。

(NSJショートライブ)
[PR]

# by message-id | 2007-08-26 22:55 | 8/26以前  

ファンケル<4921>

ファンケル<4921>の第1四半期中間予想進ちょく率は連結経常利益で73%に
07月31日 06:58

ファンケルが30日午後2時に発表された今08年3月期第1四半期決算が好調、9月中間期決算予想に対する進ちょく率も連結経常利益で73%に達した。第1四半期連結決算ではアンチエイジング基礎化粧品が引き続き好調に推移したほか、一部製品の原材料価格の低下で売上総利益率も改善。さらに広告宣伝費や販売促進費の削減を図ったことも奏功、連結営業利益は前年同期比95.9%増の24億7000万円、経常利益は2.0倍の24億9500万円、純利益も47.7%増の12億800万円を確保した。会社側では「概ね予定通りの推移」として中間期並びに通期予想数字は変更していないが、中間予想進ちょく率は営業利益で70.6%、経常利益で73.4%、純利益でも60.4%となる。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

# by message-id | 2007-08-26 22:52 | 8/26以前  

西尾レントオール <9699>

西尾レント<9699>が急騰、第3四半期時点での業績進ちょく率は83.5%
08月10日 13:28

西尾レントオールが急騰。155円高の2305円まで買われ、大証1部で値上がり率上位に躍進した。10日に今07年9月期の第3四半期業績(06年10月~07年6月累計)を発表。経常利益は61億3800万円(前年同期比2.6%増)と堅調に推移。民間建築工事の増加やショッピングセンター建設、自動車、家電メーカーなどの工場メンテナンスの需要が高まり、業績に貢献した。通期業績予想は経常利益73億4900万円(前期比0.41%増)を据え置くが、業績の進ちょく率は83.5%に達しており、買い意欲が強まっている。

(株式新聞ダイジェスト)
[PR]

# by message-id | 2007-08-26 15:42 | 8/26以前  

生化学工業<4548>

生化学工業、第1四半期は経常73%増益 通期進捗率40%に
2007年08月02日(木) 18時29分

生化学工業<4548>の第1四半期連結は、経常利益28億6600万円(前年同期比73%増)、純利益17億9500万円(同75%増)だった。続く3月通期は、経常利益71億円(進捗率40%)、純利益44億円(同40%)を見込む。
[PR]

# by message-id | 2007-08-26 15:41 | 8/26以前  

東邦鉛<5707>

東邦鉛は1Qの2ケタ増益・高進捗業績も上値重く反落
 東邦亜鉛(5707)は、11円安の1117円と反落している。一時18円高の1142円まで買われる場面があったものの上値の重たさから売られている。前日に発表した今3月期第1四半期(1Q)業績が、2ケタ増益・高進捗率で着地した。同社の1Q業績は、前年同期比38%増収、26%経常増益、32%純益増益と伸び、期初の中間期予想対比で利益は72-73%の高進捗率となった。亜鉛・鉛製錬部門では海外金属価格の高水準キープと旺盛な需要、生産技術の合理化などが寄与し、戦略部門の環境・リサイクル部門も需要拡大と販売価格上昇により好調に推移したことが業績をアップさせた。1Q業績は高進捗したが、中間期・通期業績は期初予想を据え置き、純利益は95億円(前期比5%減)と前期の過去最高からの小幅減益を予想している。株価は、ロンドン金属取引所(LME)で鉛価格が最高値を更新したことなどを手掛かりに7月に年初来高値に迫る1258円まで買い進まれ高値調整となっている。PERは15倍台と割安であり下値固めから高値再挑戦となりそうだ。
[PR]

# by message-id | 2007-08-26 15:40 | 8/26以前  

コスモ石油<5007>

コスモ石油(5007):第1四半期の連結純利益は同2.7倍の131億円で、通期計画(370億円)に対する進ちょく率が35.4%となった。石油製品の販売価格が高騰、マージンが改善した。通期予想は据え置き。
[PR]

# by message-id | 2007-08-26 15:38 | 8/26以前